‘Q&A’ カテゴリーのアーカイブ

よくあるご質問


どこを治療するの?

骨・関節・筋肉・腱が痛くなった、ケガで痛めた・長時間同じ姿勢や動作・スポーツで痛くなったときに来院下さい!


どのタイミングで診てもらうといいの?

ケガをして痛みやはれが引かない、動かして痛みがある、特になにもしてないが、痛みが引かない。徐々に増す!


治療は痛くないの?

はい、骨折・脱臼の整復以外は痛くないです!
手技治療・治療機器は、やや弱めが効果的で強く行うとモミ返しなどのおそれがあります!


通院はどれくらい通えばいいの?

日常生活で痛みがなくなるまでは、できるだけ毎日が基本です。
良くなれば一日置きにします痛みが引いても、痛めた組織が治ってないと、後遺症が後々出ることがあります!


どんな患者さんが来院されていますか?

0才児の肘を脱きゅう、90才過の腰・ひざを痛めた方、プロスポーツ選手、日本選手権優勝者が脊椎調整やコンディションを整えに高気圧酸素と幅広く来院していただいております。


「ほねつぎ」、「接骨院」、「整骨院」違いは?

よく患者様より「接骨院と整骨院の違いは?」と質問されるのですが、柔道整復師が 柔道整復術により施術を提供するのが「ほねつぎ」、 「接骨院」、「整骨院」であり、同じものです。
「ほねつぎ」、「接骨院」、「整骨院」は公的に認められた機関であり、保険医療機関と同じように保険証でかかることができます。


柔道整骨術って?

柔道整復術は日本古来の医術のひとつで、「柔術」を基本とし、ケガ人を回復させる技術として伝えられてきました。
その後、この技術に東洋や西洋の医学技術が加わり、現在は、骨・関節・筋・腱・靭帯など運動器に発生する骨折・脱臼・捻挫・挫傷・打撲などに対し、 手術をしない「非観血的療法」という独特な手技によって整復・固定・後療等を行い、人間の持つ自然治癒能力を最大限に発揮させる治療術です。


柔道整復師って?

前述の柔道整復術にて治療を行うのが「柔道整復師」であり、ほねつぎ・接骨師・整骨師として広く知られています。
柔道整復師は、厚生労働大臣免許の下で打撲、捻挫、挫傷(筋、腱の損傷)、骨折、脱臼などの施術をする職業の正式名称で、大学受験の資格がある者が 3年以上、国が認定した学校・大学で専門知識を修得し、解剖学、生理学など11科目の国家試験をパスして取得できる資格です。
また最近では、病医院等での勤務やスポーツトレーナーとして、活躍の場を広げており、介護保険制度の中でも、ケアマネジャーや機能訓練指導員として 福祉分野にも貢献しています。


脱臼(だっきゅう)って、何?

患部が激しく痛む、痛くて動かせない、また患部が変形している場合は、脱臼の恐れがあります。早急に正しく戻し、きちんと治しておくことが大切です。


打撲(だぼく)って、何?

強く打ったり、あやまって物を落としたり、またはちょっとした打ち身でも、意外と痛みが取れないことがあります。これを打撲といいます。
胸部の打撲のように、ケガの部位によっては数日後に痛みが出ることがあります。


捻挫(ねんざ)って、何?

捻挫は、関節周辺の靭帯や腱などが傷ついた状態で少し捻ったぐらいでもそのまま使っていると、関節が腫れて痛んだりします。
突き指、足をくじく、立ち上ると膝や腰が痛む、ぎっくり腰、寝ちがえ


挫傷(ざしょう)・肉離れって、何?

運動中等に筋肉にストレスが加わり、運動中や運動後に動かすと痛んだりします。
このように筋繊維の断裂によって生じる症状を挫傷・肉離れと呼びます。
(カテゴリー:Q&A
けやき鍼灸整骨院について
〒194-0041
東京都町田市玉川学園7-4-7
三睦ビル1-A
受付時間
TEL:042-850-8977お昼休みなしで受付中!
月~金:8:30~21:00
土・祝日:8:30~17:00
:休診日
モバイルサイト
携帯電話からも、けやき鍼灸整骨院のサイトをご覧いただくことができます。
QRコードを認識できる機種をお持ちの方は、下の画像からアクセスいただけます。
こんな症状の方に
  • 骨折
  • 脱臼
  • 打撲
  • 挫傷
  • スポーツ障害
  • 頭痛
  • 三叉神経痛
  • 顔面神経麻痺
  • 寝違え
  • 肩こり
  • むち打ち症
  • 手のしびれ
  • 五十肩
  • 野球肘
  • テニス肘
  • 腱鞘炎
  • 腰痛
  • 椎間板ヘルニア
  • 坐骨神経痛
  • 変形性関節症
  • 膝痛
  • アキレス腱炎
  • 外反母趾
  • 冷え症
  • 便秘症
  • 不眠症
  • 生理痛
  • 更年期障害